現在地:トップページ > ニュース > 業界ニュース
業界ニュース
転載:世界中で採用ぞくぞく!ジンコソーラーの「Tiger Pro」が躍進中!
時間:2021-02-02    閲覧:225    ソース:solar journal
    ジンコソーラーは、世界トップクラスのモジュールメーカーだ。世界累計出荷量は59GWを超え、100ヶ国以上で導入されている。モジュールメーカーとしてRE100に参加した環境先進企業でもある。

    昨年8月、ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスから6年連続で最高のバンカビリティ(融資適格性)格付けを取得。世界最大手の総合情報サービス・ブルームバーグが提供するリサーチサービスで、ジンコソーラーの融資能力は100%と世界トップクラスに位置づけられた。顧客や投資家、金融機関からのジンコソーラーに対する信頼は、さらに揺るぎないものとなった。

    同年9月には、ベトナム初の大型再生可能エネルギープロジェクトへの参画も果たした。トルンナムグループによるこのプロジェクトは、両面発電モジュールのプロジェクトとして東南アジア最大級だ。ジンコソーラーは、Tigerシリーズの「両面透明バックシートモジュール」611MWを提供した。

    ベトナムで2020年9月に完成した611MWの太陽光発電所。出力455-460Wの「Tiger Pro片面タイプ」が140万枚採用された。


    Tiger両面透明バックシートモジュールは、ハーフセルやタイリングリボン(TR)技術を採用することで、通常の片面モジュールよりもはるかに高い効率を実現し、LCOEを削減できる。両面モジュールでありながら片面モジュールの重量以下に抑えた軽量設計で、施工性も高い。高温多湿のベトナムでも、高いパフォーマンスを発揮するだろう。

    日本国内では、再エネの普及を後押しするバーチャルパワープラント(VPP)実証事業に取り組む。ENEOS株式会社のVPP実証に「cheetahモジュール」を提供する。サービスステーションにおける実証を含む日本初の事業だ。ジンコソーラーは、再生可能エネルギーの普及に積極的に取り組むグローバルリーダーとして躍進し続けている。